スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画「フラメンコ・フラメンコ」
2012年04月11日 (水) | 編集 |


ようやく行って来ました
実は先に観に行ったメンバーが「踊り少なくて。寝てしまった。」
と不服そうだったのでめっちゃ期待してたの

だいたいフラメンコ関係の映画って
今までの経験上
私が涙流して感動してる横で
メンバーは寝てしまうのよ

やれやれ。。


映画は建物から舞台スペースへと進んだあと
前作「フラメンコ」の最終章のルンバ「ベルデ」で始まり
第一章だったヘレスのブレリアは最終章になっていました
それ以外にもいろいろとリンクした構成になっています

時代の流れの中での変化または不変のモノが切り取られアーティスティックにまとめられている感じ
フラメンコだけではなく舞台の作り方や背景・照明ほかまで含めた視点での感想です

ちなみに前作はいつだったんだろう?と思ってカタログ出してきたら1996年 なんと16年も前でしたわ

しかしこんなに双方向性?で映画を楽しんだの初めて!

おおそうかそうか
パケーラもローラももういないんやなぁ
と相づちを打ってみたり

その雨の降らし方はないやろ
と突っ込んでみたり

ファルキートが生き生き踊っているのを
親戚のおばさんの様に喜んでみたり

ほかほか
1作品が短いので忙しいことこの上ないのであった
寝る時間なんかないわよ!!



でも 確かに そうやなぁ
歌やギターのおっちゃんやおばちゃんのド・アップがかなりの頻度で出てくるから
カンテ(うた)が聴けないと寝るかなぁ

tAma.にしてみれば
おお 君も歳やなぁ あんたも老けたねぇ
あんただれ?どこの子?
と久しぶりに田舎で親戚が集まった様な懐かしさもありました
改めてそんな風に感じるってのも映画のド・アップの性かしらん


ちなみに隣にすわっていたおばちゃんは途中から寝息立てて寝ていたよ
踊りの映画だと思ってきたんやねぇ 
・・・


とにかく寝るにしても感動するにしても
フラメンコに片足突っ込んだ人間は必見の映画です
大阪でもまだまだやってるから観に行くべし!


コメント
この記事へのコメント
いやいや
確かに映像は光と影のコントラストとか、光で時の流れを感じさせたり、すごいなぁ、綺麗だなぁ、とは思ってたんですよ(笑)

って、うつらうつらしていた時間が結構あったので(まさにおばちゃんやギターのアップのところ)、今更そんな感想言っても遅いんですが(^^;)

でもやっぱり観に行って良かったのは良かったでーす!
2012/04/12(Thu) 12:42 | URL  | YOKO #iDX8.YKs[ 編集]
私も昔々、何度も超豪華なアーティストの舞台で夢の彼方に旅立ちました(笑)良い音楽は人に優しいのよv-411
ちなみにYOKOちゃんだけじゃないから(爆)
2012/04/12(Thu) 19:29 | URL  | tAma. #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。