スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 その上で「足を踏むこと」について
2009年12月26日 (土) | 編集 |
フラメンカがこの星で踊るにあたって

tAma.jpg





そもそも「踊る」って時間系のことやってるんやから
「踊り手は太古とか未来とか宇宙に想いをはせるもの」
というのは前提で~
宇宙的規模というかなんというか

地球で踊る限りはその重力やら引力やらの影響を受けるのは必修
(↑漢字がつづくと少しばかり語尾が弱まるtAma.です)

昔むかし 他ジャンルのダンサーさんと3人で話してた時
みなさん 当然のように重力の話をされる
めっちゃ新鮮!そして嬉しかったぁ

重力の話とか やってもええんやぁ~♪



その頃tAma.は重力の事は考えてはいたけれど
なぜか tAma.の周りのフラメンコ関係者に話せる空気もなく
ひとりで もじもじごにょごにょ思い悩んでいた


あの日の嬉しかったこと
今でも鮮明に覚えてます!

環境って大事やなぁとつくづく思います




tAma.から練習生のあなた様へ

 もし足の打ち方で悩んではったら・・・
 足は重力と体重(足の重さ)を使って打ちます

それが一番 楽やねん





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。