スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ことばの不思議
2009年12月04日 (金) | 編集 |
生玉さん
晩秋の 京都です
(ウソ!生魂さんです)



もの思う今日この頃
晩秋の夜は過ぎて行く~♪



「ことば」って不思議
その運ぶ意味はめっちゃ曖昧ですね

同じ日本語で会話していても
「相手が何を言いたいのか」ことばの向こうを思いやる人と
「それはこれやね」自分の都合のよい意味を付加する人と
2種類の人種がいる

いろんな企画の段階で
関わってくれる人と対話したり、口説いたりしていると
時々とっても不思議な感覚を体験します

こちらが「ある事」を伝えたい と考えて
いろんな方に同じ内容のことを言っても
受け取る相手によっては180度ちがったり
予測不可能な意味で解釈してはったり。。。
そうかと思えばこちらの言いたいことを200%の勢いで理解してくれる人もいる


日本では日本語という一見通じそうなことばが案外通じない
ことばに頼るのは危険です
しかしことばは重要です

喉元過ぎれば熱さを忘れる
だからこそ神様は「ひと」に忘れた頃に思い出させてくれる事件を起こすのですね
いつも謙虚に 傲慢にならない様に 「畏れる」ことを忘れずにいたいものです


少し思うところがあって今夜は殊勝なtAma.です

じゃ~ね♪またね!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。