スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人と関わるということ
2007年03月31日 (土) | 編集 |
ともくんの強いお薦めがあったので
コンテンポラリーダンスの公演「旅の道連れ」に行ってきました

普段の生活圏は住居を中心に半径2km
久々に隣の隣の県滋賀県大津まで出向いた

最近のわたしには こんなん考えられへん!
めっちゃ遠くやん 小旅行やん 

最初はいくら尊敬するともくんのお薦めでも

遠すぎ! 却下!

だったのがネットで検索かけたら1時間ほどで行けてしまう場所ということもあり
やっぱり気になることでもあり
なぜか普段はレッスン日やけど5週あるから空いてるし
お出かけすることに


ひとの持つパワーでひとは動くのね


それも出演者ならともかく舞台スタッフのおっかけというのもなんだかマニアック


さてノンストップで繰り広げられる19の小作品
好みの作品 苦手な作品 はいろいろあったけれど

コンテンポラリーダンスってのがわけわかんないわたしには
最初のうちは何が何んだか「?」

それでも
これでもかこれでもかという位に展開早く作品が繰り広げられていくのを目にしている間に
落ち着いてくると

舞台の上でからみあうからだとからだを見ているあいだに
同時にからみあう気持ちと気持ちを見ているあいだに

突然 ひととひととが出会うことはセクシーなことなんだ と感じた

有る瞬間 舞台上のダンサーが立体感を帯び生身のひととしてそこに現れた
目前に繰り広げられるダンスと同時進行で
そのダンサーのひとと出会ってきた歴史を思った
一度そうゆうふうに見えてしまうと見えなかった時点にはもどれない
それは知ってしまうと知らなかった時にはもどれないのと同じ


な なんなんだ この舞台


ライブを見ていてこんな気持ちになったのは はじめてだ

コンテンポラリーダンスのこと 知らなくてよかった
門外漢でよかった



すこしばかり残念だったのは
エンディングにわたしをおそった
舞台上のバイクの排ガスの匂いと舞台にこぼしたビールの匂い

もう少し 感じていたかったのだが
気分が悪くなって現実に引き戻された
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。