スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 梅薫る春
2007年03月04日 (日) | 編集 |
高津の梅


ちょっと遅いけど高津さんの梅です
大阪名物粟おこしの包装紙に使用されている梅のモデルが高津さんのんだと聞いたか読んだかしたのを思い出してネットで検索をかけてみた

菅原 道真さんが太宰府に流される時にこのあたりで粟おこしを食されたらしい
という訳でどのお店の包装紙もゆかりの「梅の花」な訳らしい(←めっちゃはしょってるけど)

もう少しあたたかくなってから咲く桜も散ってゆく印象がつよいし
同じ頃毎年近所のコブシだかハクモクレンだかの大木が満開になるのを見るとなぜだか胸がつまる

初めてフラメンコでソロを踊ったのはソロンゴというロルカの詩で有名な曲だった
そういえば歌詞の中に出てくる「あの白い春」というのはたぶんアーモンドの花なんだろうな
と勝手な予測をしながら詞のストーリーの切ない恋を想ってマントン(大きなショール)を振りまわしていたっけ


春に咲く満開の白い花はtAma.には「哀」の象徴のようだね

今年もやっぱり春は苦手です
コメント
この記事へのコメント
粟おこしの紙
そうだったんですか。勉強になった。
あれって老舗の銘菓っぽいのから百均で売ってるぱちもんまで、全部同じ色と柄のそっくりデザインですよね。ひさしぶりに食べたくなりました。
2007/03/05(Mon) 11:13 | URL  | 小山美樹 #mQop/nM.[ 編集]
子供の頃
粟おこしをつくってるのは1件のお店だけだと思っていました
なんのことはないあの「梅」はコンビニの看板とか床屋の看板みたいなものだったのですね。。(ちょっとちがう?)
2007/03/05(Mon) 18:41 | URL  | tAma. #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。