スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お詫び並びにお願い
2011年03月31日 (木) | 編集 |
久しぶりの更新です。
かなりご無沙汰しておりました。

今日からブログ、復活していきます。

まず、今回の震災・事故で被害にあわれた方に、
お見舞い申し上げます。

お問い合せメールにtAma.からの返信が届いていない方、
申し訳ありませんがもう一度送信いただけませんか?

誤操作で膨大な数の未チェックメールを消してしまい
泣きっ面に蜂状態です。


3月11日以来
とんちんかんな事ばかり繰り返しているtAma.です。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

tAma.拝




スポンサーサイト
 セビサークルのココロミ
2011年03月08日 (火) | 編集 |
100セビという企画で生まれたセビジャーナスのサークル
形態がほぼ定まってからそろそろ2年半を迎えます


「セビジャーナス」はフラメンコの曲種の1つとして日本のフラメンコ教室では最初に教えることの多い踊りです
1番から4番まであって基本ペアダンス
最初にやるには難易度の高いものです

「100セビ」というのはtAma.が5回ほど企画したフラメンコ未経験者にも楽しんでいただける参加型お祭りイベントです
セビジャーナスの1番を4回の講習会の後、神社の参道で衣装を着て踊ろうというもので
毎回60~70人の方に御協力頂くことができました



さてそのセビジャーナスサークルkozu-tAma.連の活動は
毎月2回の練習とおおよそ毎月1回ある本番それに伴うリハーサルで成り立っています

もちろんイベント出演などの本番は自由参加ですが
お祭り体験から出発しているサークルなのでメンバーは毎回みんな楽しみにしています


本番の経験を積むことを第1の目的に据えたグループの誕生です


フラメンコ経験者であれ未経験者であれ
入連?したその日から本人が希望すれば本番出演のキャリアが始まります


主宰者しておきながらですが。。。無茶です



しかしレッスン場でどれだけ難しい振付を憶えて
踊り込みを繰り返しても
人前で踊る本番体験の機会がないと
踊り手に必要な観客との「コミュニケーション」力や「見せる」力は身につきません

サークルメンバーは技術的にはまだまだ拙いけれど本番に必要不可欠な踊り手としてのパワーと個性の表現には磨きがかかってきています

そして彼女たちは人前で踊る機会が多いこともあってか純粋に
「もっと踊れる様になりたい」と考えています

その向上心の高さにはこちらが刺激されます
今後の彼女たちの成長が楽しみです



フラメンコを踊るのは本当に難しいですね
1曲が相対的に長いし身体の使い方も独特です

踊る為には
音楽的な理解が必要だし
楽器としての身体の訓練と
身体表現者としての身体の訓練は延々続けなきゃならない
身体表現者としての個の価値観・哲学も必要だし
そして振付も憶えなければならない


とかなんとか言ってても
最初の1歩がないと何も始まりません
長いスパンで考えて
楽しみながら
1歩1歩前進するしかないのだと
つくづく思います






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。