スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2006年以前の記録
2006年12月31日 (日) | 編集 |
■自主企画 13件
■コラボレーション企画 2件
■招聘公演 1件
■プライベートパーティ 2件
■公共イベント・地域のお祭りなど 11件
■その他ライブイベント 1件

詳細は下記をご参照ください





[READ MORE...]
スポンサーサイト
 小さな幸せ
2006年12月22日 (金) | 編集 |
少しばかりお疲れである
考えなきゃならないことが山積みなのだが
ただでも低い思考能力が限りなく0に近づいている

チャリで街を走っていた
突然 目についた看板

「関係者以外Uターン禁止」

いつも見慣れているハズの看板なのに今日はやけに新鮮に見える

この看板が例えば
いかにも藪医者っぽい医院の前に近づかなきゃ見えない位の文字で出ていたらどうやろ?

例えば
人気のない劇団が公演するとき、劇場の前に貼りだしていたらどうだろう?

おかしくって楽しくって笑いがこみあげる
チャリに乗りながらひとりニタニタ
我ながら不気味やなぁ

街はワンダーランド

 メリークリスマス
2006年12月19日 (火) | 編集 |
長らく連絡を取っていない友人をたま~に思い出す事がある
まぁ そのきっかけになるのが年賀状だったりもするのだが
(年末やなぁ~)

1度も会ったことはないけれど
同じ様な懐かしさで気にかかる人が何人かいる
Aさんもそのひとり
彼を知ったことも大きく影響してこの3年間
自分では予測不可の急展開の日々を送ることになった

ひとの持つパワーってすごい
彼に出会えたことを感謝している
そうして事あるごとに「彼はどうしてるかな」と思い出す
まるで甥っ子の事かなんかのようだ


その彼に偶然にも今日再会した(ネット上でやねんけど)
彼の3年間はtAma.なんぞ足下にも及ばない急展開だった模様だ


彼の発する光は以前にもまして光度を増し
彼と出会った人々をあたたかく包み込み勇気づけている風に伺える

「ああ 頑張ってはるんや」と感じることができる
これでまたtAma.も頑張れる
すごいプレゼント頂いた
人の持つパワーって本当にすごい

 カホン気分
2006年12月18日 (月) | 編集 |
ここんとこ カホン気分
家人の仕事場でパコパコ♪
少しはまじめに練習しないとね
楽器が泣くというもんだわ

発足1年に満たない我らがカホンサークル「ハコマコ」
無事高津宮たかきや秋祭りでデビュー戦をクリアしてから2ヶ月たらず
NHKラジオでその時の演奏が放送されたりクリスマス会にお声がかかったりと話題に事欠かない

超初心者から超ベテランまで色彩豊かなメンバーで繰り広げる
あつい友情とダイナミックな演奏?が評価されたかされないか
年明けに大阪市民音楽祭に出演することになっている


という事もあってかカホン気分♪

先日は ご挨拶まわりにいらっしゃった政治家さんも
わたしがパコパコ♪叩いているのを見て
一緒にパコパコ♪

 なんか いいですねぇ ここ 
 フツーやったらご主人「何やってんねん仕事しろ」とか言うもんでしょ?
 空気がちがう

(ちゃうちゃう カホンの音色は家人のお仕事の効果音やねん とカゲの声)









 さぁ~ ライブですよ
2006年12月13日 (水) | 編集 |
といってもまだ段取りの途中なのですが。。

いよいよあのフラメンコライブが10回目!


諸事情とtAma.のものぐさが原因で遅々として進まず

せめて現時点で決まっていることだけでもお知らせいたします


Fiesta De La Logia Loca Vol.10

会場 フジハラビル(大阪市営地下鉄南森町)
   B1ギャラリー

ライブ日程 只今調整中 候補日は
   3月10日11日の
   いずれか

顔合わせ日程 1月7日か14日か ってトコロです

出演者募集期間は今週あたりからお正月明けまでの心づもり
(といってもまだ募集始めていませんが)
今までで最短2ヶ月強の準備期間になる模様 えらいこっちゃ!
告知通りこの企画は今回が最終回!
ぜひふるってご参加くださいね~♪

準備はまだやけど!
出演者 スタッフ お客さん 大募集!


いつもの様に舞台設営などの準備から後かたづけまで関わる人みんなでやります
舞台に立つ私たちをサポートしてくださるスタッフの方達のお仕事を拝見&体験♪
関わる人全員でうまくチームワークとれるかとれないかでかなりライブの質に差が出ちゃいます

それではライブの盛況を祈ってかんぱ~い
 あの夏の日は年の暮れ
2006年12月12日 (火) | 編集 |
所用でフジハラビルの社長にお電話させて頂いた
相変わらずなんやかやでフジハラファミリーは絶好調の模様
そこで社長さんからインフォメーション頂きました!(笑)


フジハラビルでロケしていた関西ジャニーズのドラマが
いよいよ放送
1時間ドラマだそうです

今年の夏 B1ギャラリーでライブした時に
4Fで撮影していたヤツです
地下スペースも趣あるけど
4Fも素敵
200607311600000.jpg


12月28日午後4時55分
8チャンネル

みなさん ぜひ 見てくださいね


しか~し
微妙な日程 微妙な時間帯 
忘れて用事に走らない様に!
メモメモ!

   +*+*+*+*+*+*+*

このログあげた途端にスパムなコメントの山になってしまったので
コメントつけられない様にしてみましたわ
何がキーワードになってるのかしらん??
 ビーフシチュー
2006年12月07日 (木) | 編集 |
一年に一度だけ作るお料理♪

が いくつかあるのだけれど ビーフシチューもそのひとつ

只今年に一度の大仕事の真っ最中

まずは
煮込み用赤ワインの試飲
感覚ぼけたか少々じゃ わかんない
そろそろボトルも残り少ない

おい! 

無事シチューは出来上がるのか
 行け行けドンドン!
2006年12月07日 (木) | 編集 |
立ち飲み

一昨日のともくんせいきくんとの飲み会はいつもの立ち飲み屋
ここでのルールはピーナッツの殻は床に捨てること

久しぶりとあってかなくてか この二人飲む飲む
ビールもウィスキーのロックも関係なく信じられないスピードでグラスが空になる

三人ともしゃべるしゃべる
お仕事のお話 男と女のお話 来年の「この企画ど~お?」のお話

常連さんもあったかいし
マスターがいっつもよくしてくれるのもあって居心地がいい

それでも立ち飲みで延々3時間も長居した私たちって
めっちゃ無粋・・・



 
2006年12月06日 (水) | 編集 |
ちょっと思うトコロがあって「夢」で検索かけたら
初っぱなに素敵なサイトと出会ってしまった

http://www.yumeshigoto.gr.jp/list.htm

 デパート大好き!
2006年12月04日 (月) | 編集 |
チャリ族である
日常の移動手段は徒歩もしくは自転車が基本
しかし駐輪の場所を探すのに時間をとられるコトも多い
特にミナミとかでは・・・

先日もぐるぐるまわりながら探してた
見つけたのは そごうの駐輪場
係の人に誘導されてエレベーターへ
エレベーターボーイにお任せしていたら4階で降ろしてくださった

広い 美しい おまけに空いている
そうして夜8時半まで無料!
さすがデパート!太っ腹!
なんだか めちゃハッピー♪


今日のお散歩は上本町近鉄へ
だってお外は寒いんだもの

美術画廊ではアンティークマイセンの特別展
そう言えばここんとこ美術館も行ってないなぁ
もちろんここは無料です

ン百万クラスの陶器 中には一千万を軽く超えるモノも・・・
値札見ても数字が大きすぎてすぐに反応できない悲しさ
他にお客もいないのでゆっくりのんびり堪能いたしました
ええモン見せていただきましたわ

ついでに ウエッジウッドの売り場なんぞでも目の保養



ああ デパートって素敵



 常識はどれ?
2006年12月02日 (土) | 編集 |
マンションの管理組合の役員初心者のtAma.のお仕事のひとつに
「管理費滞納のお部屋番号を1階のエントランスに掲示する」
というのがある
しかしまぁ 毎月毎月うっかり入金忘れから悪質なモノまで
イロイロ有り有り

ところが 昨日「今月から掲示しなくてよい」というご指示が出た

「プライバシーの侵害だ」って クレームが来たらしい
クレーム付ける前に区分所有者としての義務(管理費の支払い)を果たす方が先じゃないのかしらん?? 

う~ん。。 大人社会はむずかしい



少しの間
テンプレートを変更してみるね
今日のはアリスがテーマの作品らしい
でもなぜかtAma.の頭の中では
パルナスのテーマソングがエンドレスに流れている





 出会いの日々
2006年12月01日 (金) | 編集 |
高津宮の関係で出会った人たちや
カホンサークルで出会った人たち
もちろんフラメンコで出会った人たち
この1年は本当にたくさんの人と知りあった

ダンサーやミュージシャン 舞台関係の人やモノづくりの人
お商売の人 福祉関係の人 

それまでフラメンコ1色と言ってもよいほどの生活をしていたので
この1年のこの出会いのシャワーは初体験のシャワーでもありました

あっち行ってもこっち行っても 知らないことばかり
ドキドキしながら 新しいコトにであってゆく楽しさは麻薬効果があるみたい

関係性がなかったら二の足踏んで出向いて行かないようなトコロへでも
知人がいる 友人がやっている というだけで行動できてしまう不思議さ

長い時間をかけて築かれた友人関係も味わい深いが
ひとつの山を一緒に経験したと共有認識できる友人関係も捨てたモンじゃない

出会って数ヶ月もたたないのにずっと昔からの友人の様にお話できる人が何人もできた

宝物だと思う


なにより奇妙なのは一緒にいてそんなに居心地がよいのに
その人たちの現実の生活をほとんど知らないということ

この危うさ このアンバランスさ もおもしろい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。